洗面所の収納について

こんにちは、yuzuhaです(^^)

 

我が家は築17年ほどで3LDKの賃貸の一軒家に住んでいます。

かれこれ8年住んでいるのでとても愛着がわいていますが、5人で住むにはやはり手狭。

特に洗面所は北側にあるので暗いし、狭くて収納も少なめです。

 

そんな我が家の洗面所ですが、少しでもくらしやすく、と生活しながら整えてきました。

8年目にしてやっと家族みんなが満足のいく洗面所になりつつあります。

 

今日はそんな我が家の洗面所のお話です。

 

 

暗い洗面所を明るく

f:id:yuzuha-simplelife:20190425153755j:plain
恥ずかしながら我が家の洗面所です。

 

明かりとりの小さな窓はありますが、日中でも電気をつけないとならないほど暗い場所です。

なので、少しでも明るく感じられるように、白い色を多めに使うようにしています。

洗濯機やドライヤーなどの家電製品からバスケットや洗剤ボトルなどの小物まで、にこだわりました。

 

そして、ただでさえじめじめしがちな場所ですよね。

なるべく清々しく感じられるよう、我が家は寒色系の色でまとめています。

本当はタオルも真っ白にしたかったのですが、バスタオルは各自違う色がいい!というのが家族からの要望だったため、黒・紺・水色・白・グレーの5色を使っています。

でも、寒色系でまとめたのでスッキリして見えるのではないかと思います。

 

ここで北欧式ポイント!

 タオルは同系色でそろえるとオシャレでスッキリ!

 

我が家の暗い洗面所を明るく見せているポイントは、白を基調とし、タオルなどの色を寒色系で統一したことです。

 

少ない収納でも使いやすく

我が家の洗面所の収納スペースは、鏡裏とシンク下、洗面台上と床下の4箇所になります。

しかし、私はかなり背が低いので、洗面台上の収納には台がないと手が届きません。

なので、メイン収納は鏡裏とシンク下のみになります。

 

鏡裏収納

f:id:yuzuha-simplelife:20190425160732j:plain

これは鏡裏収納です。

やはり白い小物を基調にして、スッキリ見せるようにしています。

 

それから、本当に毎日使うモノ、だけを厳選して置いています。

以前はたまに使うヘアワックス・スプレーや、何本ものカラフルなヘアブラシ、あまり使わないけど見た目がかわいい香水などを置いていました。

 

かわいいモノは確かに見るだけで気分が上がりますが、そのせいで視覚的にごちゃごちゃ感が否めない…

モノも多くて取り出しづらく、そのせいか、家族も元あった場所に戻さず洗面台の上に置きっぱなし、なんてこともしょっちゅうで、結局ストレスになっていました。

 

そこで、まずは家族をよーく観察

毎日使うか使わないか、で分類分けをし、使うモノのみを鏡裏に置くことにしました。

たまに使うモノ、あまり使わないけど気分の上がるモノはシンク下の引き出しへ。

何本もあって使わないヘアブラシや肌に合わないけどパッケージが気に入っていたパックなど、今後絶対に使わないモノは処分。

 

実は左の2段目には娘のカラフルなヘアブラシが隠されています。

そのままだと色がうるさいので、棚に包装紙をマステで貼って目隠ししています。

 

意外と毎日使うモノって少ないのだと気がつきました。

この作業のおかげで、私に似てめんどくさがりな家族も、使ったものをそのままどこかに置く、ということなく、元の場所に戻してくれるようになりました。

 

シンク下収納

f:id:yuzuha-simplelife:20190425161952j:plain

次に、シンク下の両開き扉の中です。

ここには主に洗面所とお風呂で使うモノのみを収納しています。

やはりここも白い収納グッズでまとめています。

 

我が家のシンク下は配水管のせいで右半分が奥行20cmほどしか使えません。

そのため、収納グッズも使えるものが限られてしまい、しっくりくるまで試行錯誤を重ね、やっとスッキリしたかなぁというところです。

 

ちなみに左のボックスは、ニトリさんの

 A4ファイルケース(オールホワイト) 399円(税込)

を使用しています。

かなりしっかりした作りなので、中に洗剤の予備を何種類か入れていて重くなっていますが、たわむことなく取り出しやすいのでオススメです。

 

洗面台上と床下収納は・・・

洗面台上の収納スペースには、場所を取るスチームジェットクリーナーと旅行の時に使うモノを収納しています。

普段はあまり使いませんが、我が家にとっては必要なモノですね。

 

床下収納には、ハンドソープの予備を入れています。

我が家はミューズノータッチ泡ハンドソープを使っています。

これは、冬の感染症が気になるシーズンにいいなと思い、楽天さんのポイントで交換したので実質無料で手に入れたのですが、ハンドソープ自体の金額が高め(^^;

そこで、我が家はなるべく安いお店を探し、送料無料になるように定期的に箱買いしているので、まとまった収納場所が必要になります。

 

床下収納って使い方が難しいと思いませんか?

我が家はあまり活用できていませんが、洗面所の床下収納だけはあってくれてよかったと思っています(笑)

 

狭い洗面所をできるだけ広く使う

f:id:yuzuha-simplelife:20190426120400j:plain

洗面台の反対側です。

我が家にはこれしかスペースがないんです。

 

それでも以前は、ここにパジャマを入れておくためのフラップケースを置いていました。

家族の動線を考えると、やっぱりお風呂上りすぐにパジャマに着替えるし、近くに置いておきたいんですよね。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20190426121049j:plain

考えに考えた結果、我が家は洗面所のすぐ隣にある、ろうかの収納にパジャマなどをしまうことにしました。

 

実はここ、奥行がとても深く、以前は物置として色々なモノを詰め込んでいました。

でも結局、奥深くに詰め込まれたモノって使わないんですよね。

なので、中にあったモノを全て出し、時間をかけて整理しました。

 

「整理」って実は乱れているモノをそろえる、という意味だけではなく、不要なモノを取り除く、という意味もあるのだそうです。

 

家族にとって何が必要で何が必要でないのか、を見極めるのはとても難しく、時間がかかると思います。

でも、一度とりかかると、驚くほど自分自身や家族のことが見えてきます

時間をかけてもこれは価値のあることだと、私自身、実感しているところです。

 

そうして残された必要なモノは、あった方が良い場所へ配置していきましたが、それでもしまっておきたいモノについては、この収納の上部や、他の部屋の天袋などにしまい、この場所にはパジャマ用のフラップケースと、それぞれの下着を入れておく衣類ケースを置くことができました。

ついでに、コインランドリーを利用するとき用のカラフルなバスケットもここへ。

 

それまで、下着は各自の部屋から持ってきていたので、その手間がなくなったことも家族にとってのメリットです。

 

家事を楽にし、気分を上げるためのプラスα

f:id:yuzuha-simplelife:20190426114755j:plain

洗濯機にはランドリーラックを組んで、毎日使う洗剤とタオル類、一時置き用のバスケットを収納しています。

 

この場所も試行錯誤を重ね、やっと今のかたちに落ち着きました。

 

このランドリーラックは、棚が数本のパイプでできており、一つ一つの間が4cmほどあいています。

このわずかな隙間が使いづらい。

洗剤をそのまま置くとすぐ倒れてしまうので、カゴに入れて置いていました。

それに合わせてタオル類もかごに入れていました。

 

私は背が低いため、いちいちカゴを下ろし、洗剤を取らなければなりませんでした。

この手間が、毎日だと本当に煩わしいんですよね。

 

それに、タオルもカゴに立てて入れていて、洗ったものを奥に入れて、手前から家族が取れるようにしていたのですが、毎日カゴを取り出し、奥に入れる、というのが私には面倒で、だんだん上に積むようになり、ぐちゃぐちゃに。

 

そこで、まずは棚の上にプラダン(プラスチック段ボール)を敷きました。

プラダンはホームセンターでかなりお手頃に買えます。

棚の大きさに合わせてカットし、結束バンドで固定。

置くモノがこの程度なら、強度も十分です。

 

こうして平らな棚ができたので、洗剤はそのまま、タオル類もポンと置くだけになりました。

おかげで楽にキレイな状態が保てています。

 

 

バスタオルは、ニトリさんの

 抗菌防臭加工タオル(デイバリュー) スリムバスタオル 498円(税込)

を使っています。

普通のバスタオルの半分くらいの幅なので、洗濯物が多い我が家にはこの大きさが助かっています。

 

タオルはグレーのモノを使うようにしています。

以前は白いモノを使っていましたが、白はやっぱり汚れが目立ちますよね。

めんどくさがりにはありがたい、グレーのタオルです。

 

そして、S字フックでドライヤーと洗濯ネットをつるし収納

セリアさんで買ったモノトーンの小さいバッグに洗濯ネットを入れています

 

さらに、洗剤は白いボトルに統一し、フェイクのグリーンを置いて、見た目もスッキリと。

我が家は洗剤ボトルは特別なものは買わず、市販のボトルのラベルをはがして使っています。

特に洗濯洗剤はボールドのボタニアのボトルを使っていますが、これは液だれしにくいキャップなので、ますますストレスフリーです。

 

ここで北欧式ポイント!

 洗剤類は見た目もステキなパッケージに絞るか、入れ替えて統一

 

北欧式整理収納術としては、見せる収納オシャレにスッキリと、を心がけたいところです。

 

そして、洗面所の私の気分の上がるポイントは、一時置き用のバスケット

 バルコロール M(八幡化成株式会社) 1,944円(税込)

です。

持ち手がロープになっていて、やわらかい素材のバスケットのカーブした形がかわいらしく、見るたびにほっこりしています。

 

贅沢な収納でくらしにゆとりを

f:id:yuzuha-simplelife:20190426134505j:plain

我が家の洗面所収納について、いかがでしたか?

 

家を整えて、毎日の生活を少しでも楽にしたい。

そのためには、そこにくらす人々の性格や習慣などをよく知ることが大切です。

 

我が家の場合は、みんなめんどくさがりタイプ。

ぱっと見て戻す場所がわからないと、その辺に置いてしまいたくなる集団です(笑)

 

それを阻止するためには、毎日使うモノだけを、一番使いやすい場所に収納する。

どんなにスペースが余っていてもったいなくても、生活の範囲に毎日使わないモノは置かない。

 

我が家ではこれを贅沢な収納と呼んでいます。

贅沢とはお金をかける、ということではありません。

言わば、収納スペースを贅沢に使う贅沢な収納です。

 

贅沢な収納には余白があります。

この余白こそ、心の余裕です。

苦手な家事はもっと楽に済ませ、毎日のくらしにゆとりを持てるよう、贅沢な収納を心がけていきたいと思っています。