リビング・ダイニングルーム*my simple life is my best な収納

f:id:yuzuha-simplelife:20200917160131j:plain

こんにちは、yuzuhaです(^^)

 

リビング・ダイニングは1日の大半を過ごす、言わば家のメイン。

我が家は全員、ほぼリビング・ダイニングで過ごしています。

だからこそ、快適な空間にしたいですよね。

 

でも、人が集まるということは、モノも集まってくるということ。

そんなモノたちと向き合いながら、できるだけシンプルに暮らすには、やはり収納が重要になってきます。

 

そこで今回は、我が家のリビング・ダイニングルームの収納術について、お話したいと思います。

 

 

我が家のリビング・ダイニングルームの収納スペース

まずは、恥ずかしながら、我が家のリビング・ダイニングルームです。

【リビング】

f:id:yuzuha-simplelife:20200914142053j:plain

 

【ダイニング】

f:id:yuzuha-simplelife:20200908155245j:plain

 

ダイニングテーブルの反対側です。

f:id:yuzuha-simplelife:20200908155641j:plain

(あちこちケーブルがぶら下がってますね(^^; )

私はあまり家具にこだわりがなく、近くにニトリさんがあるので、ほぼニトリさんで出来上がっている我が家です。

 

見てお分かりいただけるかと思いますが、造り付けの収納はありません。

また、賃貸暮らしなので、次の引っ越しのことを考え、大きな家具は購入していません。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200914143618j:plain

この部屋の主な収納スペースは、テレビ台下と、ソファ横のオープンラック、そしてダイニングテーブルの反対側にあるオープンラックの3か所だけになります。

 

ですが、我が家はこれで充分足りています。

なぜなら、この部屋で使うモノ「だけ」を置くようにしているから。

 この、置くモノを選別する、ということをするようになってから、我が家はだいぶ快適に暮らすことができるようになりました。

 

我が家の収納のポイント

1.その部屋に置くモノ、を徹底的に見極める

まずは、リビング・ダイニングで家族がしていることをよく観察しました。

我が家の場合、ご飯を食べる、くつろぐ、以外で家族ごとにしていることを、具体的に挙げてみるとこうなります。

 

 旦那:新聞を読む

 子供達:テレビゲーム、勉強

 私:化粧、PC作業

 全員:テレビを見る(ほぼリアルタイムか録画)、健康・衛生を保つ(体温を測る・爪切りなど)

 

休日はみな、ほぼ一日中リビングにいますが、意外とやっていることって少ないのだとわかりました。

 

家族の行動がわかったら、次はモノの選別です。

 

使わないモノが置いてあると、本当に使うモノを探すのに時間がかかります

でも、使いたい時使いたい場所使いたいモノがないと、家族は困るし、家族の「あれどこ?」に対応しなければならなくなるので、大変ですよね。

 

そこで、使う頻度を確認します。

我が家の家族が困らず、「あれどこ?」ストレスがあまりないラインは、月に1度は必ず使う、というところでした。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200914145059j:plain

これは我が家のテレビ台下のかごの中です。

奥は子供達のよく使うゲーム機と充電器、手前にはリモコン類と、右のケースに衛生用品、左のケースには私の化粧品が収納されています。

 

以前は、ゲーム機も使っていないモノが入っていたり、衛生用品にはたまにしか使わない薬やリラックスグッズが、また化粧品も試供品や全く使っていないコスメなどがギッシリと詰まっており、使うモノを取り出すのに苦労していました。

 

月に1度以上は必ず使うモノだけに限定し、それより頻度が少ないものは別の保管スペースへ置くようにしたら、格段に生活しやすくなりました。

 

さらに、何年も使わない、または今後使うことが想像できないようなモノは、処分(リサイクルなど)をして、全体的なモノの量減らすようにしました。

 

2.使う場所に収納する

f:id:yuzuha-simplelife:20200916135938j:plain

リビング・ダイニングの入口は、玄関からすぐのところにあります。

この入口横に、オープンラックを置いています。

 

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200916140439j:plain

このラックの上段の空いているスペースは、次男のランドセル置き場にしています。

玄関のすぐ横に置いたことで、その辺に置きっぱなし、ということを防げるようになりました。

 

また、帰宅後、後ろのダイニングテーブル宿題をするので、ここにランドセルがあると動きに無駄が出ず、終わった道具もすぐに片付けることができます。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200914151746j:plain

下段にある4つのひきだしには、3人の子供達別にハンカチ・布マスクを入れてあり、残りの1つにはポケットティッシュとマスクスプレーを入れてあります。

子供達は登校時、ここから全てを取って、玄関に行く、という流れができているので、忘れることもなく、スムーズに出かけることができます。 

 

実は、以前はそれぞれの部屋の衣装ケースにハンカチを、収納庫にポケットティッシュを収納していました。

必ず持っていくものなのに、あちこちに収納されていたので忘れがちだったんですよね。

お出かけグッズ、として1か所に、しかも玄関横まとめてあげたので、考えることなく取る習慣がつきました。

 

ちなみに上段のかごには新聞紙を入れています。

 

3.家族みんなが取りやすく、しまいやすい収納を考える

我が家はみんな、めんどくさがり

なぜかモノを取り出すことはできるのに、しまうことができず、その辺にポイポイ置いてしまい、いつも私がそれを片付けてイライラ・・・なんてことがしょっちゅうでした。

 

そこで、なぜしまうことができないのか?という点に注目して家族を観察してみました。

すると、大体その辺に置かれるものには、実は共通点があることに気が付きました。

 

その共通点とは、ワンアクションでしまえない、ということ。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200916144512j:plain

例えば、衛生用品ですが、以前は絆創膏や薬などは、右のようにケースに入れ、そのケースごとかごの中にしまっていました。

これだと使ってからしまうまでに、まず①かごを開ける ②ケースを取り出す ③ふたを開ける ④モノを取り出す ⑤ふたを閉める ⑥ケースをかごの中にしまう ⑦かごを閉める、というように7アクションが必要となり、使った後しまうためには⑤~⑦までの3アクションが必要となります。

 

・・・たったこれだけ?!と思うかもしれませんが、そのこれだけ、が我が家の家族には面倒に感じてしまうのだと思います。

 

そこで、かごの中にオープンケースを入れ、その中に絆創膏などを収納しました。

すると、①かごを開ける ②モノを取り出す ③かごを閉める、とそもそものアクション数が半分以下となり、しまうためにはワンアクションで済むようになりました。

 

我が家の場合は、アクション数を減らすことで、片付かない状況をなくすことができました。

 

4.隠すワザを上手く取り入れる

f:id:yuzuha-simplelife:20200916140733j:plain

ラック上のFAXの後ろには白いケースが置いてあり、その中には学校のお便りや、一時的に保管しておきたい書類などをクリアファイルに分けて入れています。

 

一番手前にはバインダーを置き、そのバインダーの一番上には常に白い布を挟んでいます。

バインダーに挟んだ書類の目隠しになりますし、壁の白と馴染んでごちゃごちゃ感が少しは和らいでいるのではないかと思います。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200914150510j:plain

テレビの後ろには、配線ボックスと、テレビに繋いであるゲーム機が隠れています。

ゲーム機はリモコンのみ取り出して使うので、常にこの状態です。

手前に観葉植物を置いているので、普段は全く見えません

 

ほんのひと工夫ですが、これだけでもスッキリして見えるので、快適さにまた一つ近づけたと思っています。

 

5.書類の処理にはスピード感を大切にする

これは、収納のポイントというより、快適な状態を維持するポイント、になるかと思いますが、書類って毎日毎日結構な量が家の中に入ってきますよね?

ついつい、後で確認しよう、と置いてしまいがちなのではないかと思います。

というより、以前の私がそうでした。

 

そこで、その日に入ってきた書類その日のうちに処理できる仕組み、を作ってしまうことにしました。

玄関横のオープンラックで処理できるようにしています。

 

まず、子供達に帰宅後、FAX横の空いているスペースにお便りを置いてもらい、その日のうちに確認し、クリアファイルに入れるか、別室保管ファイルに入れるようにします。

 

また、玄関横なので、郵便物も持ってきたらここで開封し、クリアファイル保管するか、個人情報保護スタンプを押して処分するかして、その場で処理するようにしています。

f:id:yuzuha-simplelife:20200917141804j:plain

 

ちょっと考えるものや、読まなければならないものはクリアファイルに入れ、その週のうちに確認するようにします。

 

書類の処理って面倒に思えますが、やってみると意外と時間がかかりません。

後回しにして気分が重くなるよりは、スピード感を持って処理してしまった方が私にとっては楽なのです。

 

でも、毎日はそんな時間も作れない、という方もいるかもしれません。

そんな時は、隠すワザで乗り切ったり、書類を1か所にまとめるだけでも、だいぶスッキリすると思います。

 

6.スマホの収納について

我が家で唯一、どこに置いてもいいことにしているのが、スマホです。

一番下の次男以外、全員スマホは持っていますが、中学生の長男のスマホ以外は収納はしていません。

 

自然災害の多い昨今、スマホの役割がとても重要だと考えているので、常に手元に置くようにしています。

停電になったら、ライトの代わりにもなりますしね。

 

我が家では、人の移動とともにあちこちに置かれています。

そして寝る時、皆、枕元で充電しています。

なので、充電ステーションも設けていませんし、管理も個々に任せています。

 

ただし、中学生の長男は別。

やはり、ずっと持っていると見続けてしまうので、長男のスマホのみ管理しています。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200917143312j:plain

収納場所は、ソファ横オープンラックのひきだしです。

リビングにあるので、使う時がわかり、こっそり持っていく、ということも防止できます。

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200917143231j:plain

ちなみにここには、私の外出用布マスクと、PCも収納しています。

 

my simple life is my best のための収納とは

f:id:yuzuha-simplelife:20200917151350j:plain

我が家のリビング・ダイニングルームの収納、いかがでしたでしょうか?

少しでも参考になることがありましたら幸いです。

 

とはいえ、これはあくまで、我が家のための収納術

それぞれの家庭には、それぞれの事情に合った収納があるのだと思っています。

 

まずは家族の性格

我が家は極度のめんどくさがり集団。

モノには一つ一つ住所を定める、とか、見せる収納、とか、実は憧れて試したたくさんの収納術も、我が家の家族には残念ながら合わず、いつも収納リバウンドしていました。

 

文房具に住所を作ってもそこには戻せずぐちゃぐちゃになってしまったので、ポイポイペン立てに入れるだけの収納にしました。

好きなモノを集めて見せる収納にしたら、見せたくないものまで置いていくので、隠す収納にしました。

すると、めんどくさがり集団でもキレイを保つことができるようになり、みんなのストレスがなくなりました

 

そう、家族の数だけ、収納パターンはあってよいのだと思います。

まずはよく家族観察し、どんなタイプなのか分析してみてください。

その上で、本当に必要なモノは何かを見極め、それだけ必要とする場所収納します。

そして、家族タイプによって、収納方法を決めれば、自分や家族にとって最もベストなシンプルライフにたどり着くのだと思います。

 

my simplelife is my best収納は、巷に溢れている収納術から作られるのではなく、家族をそして自分自身をよく見つめ直すことから作られるもの。

まずは自分家族性格をよく知ることから、始めてみませんか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)