自己紹介*2020 と、本当の自分を生きるということについて

こんにちは(^^)

ギリギリ(!)アラフォー庶民派ブロガーのyuzuhaと申します。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 

f:id:yuzuha-simplelife:20200901165854j:plain

実は1つ歳を取り、環境も少しずつ変わっているので、改めて自己紹介させていただくことにしました。

併せて、ブログを始めた理由について、恥ずかしながら、私の内面を赤裸々に書かせていただくことで、お話したいと思っています。

 

少し長くなりますが、お付き合いいただけると嬉しいです♪

 

 

私yuzuhaの現在

f:id:yuzuha-simplelife:20200827144427j:plain

(実物はこんな感じ)

 

賃貸一軒家に家族5人で暮らす、40代専業主婦です。

子供は、高1の長女中1の長男小6の次男の3人です。

 

実は昨年の10月に同じ地域内で引っ越しをしました。

約10か月が過ぎ、前よりもっと穏やかな毎日を過ごしています。 

相変わらず賃貸ですが、なかなか快適です♪

 

最近は、残りわずかとなった大好きなさんのSNSを見ることと、オートミールダイエットにはまっています。

残念ながら、まだダイエットの効果は出ていませんが・・・(泣)

 

それから娘が高校生になり、毎日お弁当を持っていくようになったので、お弁当作りに力を入れています。

インスタグラムで皆さんのお弁当に勉強させてもらいながら、自分の作ったお弁当の写真も投稿しています。

とにかく朝が弱いので、いかにして朝時間をかけずにお弁当を作るか、に挑戦しています。

大体、前日に準備をしているので、参考になるかはわかりませんが、お弁当記事も見て頂けると嬉しいです。

 

なぜブログを始めたのか?~本当の自分を生きるために~

本当の自分を手に入れるまで

本当の夢と現実の職業

f:id:yuzuha-simplelife:20200901164411j:plain

私の小さい頃の「本当の」夢は、可愛いお嫁さん、そして優しいお母さん、でした。

 

なぜここで「本当の」が付くのかというと、私が卒業文集で書いたり、誰かに聞かれて答えたりしてきた夢は、いつもキャリアウーマン的なものだったからです。

それは時に、アナウンサーだったり。

時には弁護士だったり、教師だったり、外交官だったりしました。

 

少し子供の頃の話をさせてください。

私は、小・中・高と、絵に描いたような優等生でした。

小1の学力テストで好成績を取って以来、母の期待を一身に背負って育ってきました。

 

しかし、体力的な面はかなり弱く、また常に母の反応を気にしていたせいか、性格的にはおとなしく、何かにつけて母の顔色をうかがって生きてきたような気がします。

なので、何の疑問も持たず、いつも母の希望する通りに進んできました。

 

高3になり、母の希望する進路が大学進学であることはわかっていました。

しかし、この時私は、保育の道に進みたい、と思うようになっていました。

当時の担任はそんな私の相談に乗って下さり、保育の専門学校のパンフレットを取り寄せてくれ、自分の気持ちをちゃんと伝えるよう、背中を押してくださいました。

 

母に自分の気持ちを真っ直ぐに伝えたのは、この時が初めてだったと思います。

しかし、どんなに真剣に話しても受け容れてはもらえず、結局、浪人して4年生大学に進学しました。

 

就職も、母の希望通り、地方公務員になりました。

母の思い描いていた私の未来は、女性でも一生働ける職業に就くこと、そして収入の安定した人と結婚し、生活に困らない人生を手に入れること、だったのです。

 

理想と現実のはざまで

f:id:yuzuha-simplelife:20200901170202j:plain

仕事は充実していました。

いわゆるキャリアウーマンだったと思います。

しかしそれは、子供が小さくても残業し、家のことは母や旦那に任せるような、家庭を犠牲にした上で成り立っているものでした。

 

旦那は私にはもったいないくらい、よくできた人だと思っています。

私が専業主婦になった今でも、家事に協力的ですし、料理が苦手な私と違って、変わった料理を作ってくれたりもします。

性格も大らかで、私が悩んでいたりすると、よく話を聞いてくれる優しい人です。

 

そんなところに惹かれ結婚しましたが、出会った当時働いていた会社は心身ともにハードなところで、一生働くのは難しいと本人も周りも思うようなところでした。

そのため、転職は免れないだろう、そうなると安定した収入も難しいかもしれない。

案の定付き合い始めた頃から、母にはあまり良くは思われていなかったので、「せっかく役所で働いているのだから、役所の人間とお付き合い(結婚)したら?」と言われ続けていました。

 

しかし人生で初めて、母の言うことを聞かず、私は旦那を選びました。

(今となっては母に、こんなに良い旦那さんはいない、あなたは羨ましい、とまで言われていますが。。)

 

この時の自分の選択は間違っていなかったと確信しています。

なぜなら、今は確かに金銭的には余裕はありませんが、何の迷いもなく、人生で一番幸せだと思えているからです。

 

ですが、結婚したからといって、心から幸せを感じていたかというと、少し違います。

仕事をしていた16年間、特に子供が生まれてからの13年は、ずっとモヤモヤしていました。

仕事が忙しい時期は、旦那に当たったり、子供に優しくできなかったり、子供の起きている顔すら見れないこともあり、家族に申し訳ない気持ちから精神的に病んだこともありました。

 

結局、自分が努力すれば一生働くことが可能な職業に就き、経済的に余裕はありましたが、自分が本当の意味で心の底から願っていた幸せは小さい時からずっと、「可愛いお嫁さんで優しいお母さん」であることから変わっていなかったんですよね。

その理想とは全く違う現実に、何年も心のどこかで悲観し続けていたのだと思います。

 

本当の自分を手に入れるために

f:id:yuzuha-simplelife:20200901170432j:plain

そして、40歳を目前にしたある日。

人生の折り返し地点くらいにきている、と思ったら、途端に焦りと不安を感じました。

私、自分の人生をちゃんと生きていると言えるだろうか?

私の人生って何なのだろうか、と。

 

誰のものでもない、自分だけの人生。

本当にやりたいことをやらずに、誰のために違う自分を生きているのだろう・・・

 

何をいまさら、と言われるかもしれない。

けれど、子供達の母としてそばにいられる時間は、だんだんと少なくなっていきます。

家族に反対されることも覚悟の上で、仕事を辞める決意をしました。

 

「仕事を辞めたい」

 

感情が高ぶり、泣きながら伝えた私に、旦那は意外にもあっさり、いいんじゃない、と言いました。

今まで頑張ってきたんだから、好きなことをしたらいいんじゃない、と。

 

・・・あの日から、私は「本当の私」を生きています。

子供達に小さい頃の夢を聞かれても、「お母さん」と胸を張って言えています。

 

夢を叶えるということ

f:id:yuzuha-simplelife:20200901170640j:plain

ただ、仕事を辞めても、完全に夢が叶ったとは言えませんでした。

私の夢は、「可愛いお嫁さんで優しいお母さん」になること。

この、「可愛い」と「優しい」がなかなか難しい。。

 

専業主婦になってからというもの、家族が暮らしやすいように、と家を整えることに夢中になりました。

しかし、片付けても片付けてもなんだか落ち着かず、週末ごとに収納グッズを探しに出かけたり、家が散らかることばかり気になって家族に文句を言ったり、片付けを強要したりして、だいぶ口うるさい嫁・母になっていたような気がします。

 

これでは、せっかく専業主婦にさせてもらったのに、なんだかもったいない!

それならばしっかり収納について学び、家族のためにも自分のためにも、落ち着いた暮らしを手に入れよう、と思い、北欧式整理収納プランナーの資格を取得しました。

 

収納の基礎を学び、家族や自分の生活のスタイルをよく見つめ直したことで、我が家に合った収納、家づくり、生活の仕組みなどが整い、我が家にとってシンプルで快適なくらしを手に入れることができつつあります。

 

おかげでまた一歩、夢に近づけたと思っています。

収入が減り、日々の生活も苦労することは多々あります。

しかし、今の笑いの絶えないこの生活は、幸せ以外のなにものでもありません。

 

私にとってシンプルライフは、夢を叶えるための手段だったのです。

 

my simple life is my best~じぶんらしく シンプルライフ~

f:id:yuzuha-simplelife:20200901170502j:plain

じぶんらしく。

ありのままの自分を受け止めて、無理せず、少しでも楽に。

そのためのワタシ流のシンプルライフ。

 

私と全く同じ境遇である、という方がたくさんいるとは思わないのですが、片付けに追われ日々のくらしを楽しめていない!という方はいるのではないでしょうか?

物を捨ててみても、流行りの収納術を試してみても、何か落ち着かない・・・

そんな時はまず、自分や家族のライフスタイルや、片付けの癖、各々の性格などを見つめ直すことから始めてみませんか?

 

現在、当ブログでは子供達に関わる記事がメインとなっていますが、家族とのくらしを大切にする家づくり、仕組みづくりについてもお伝えしていきたいと思っています。

その中で、自分を見つめ直して作る、my simple lifeという考え方についてもお話していくつもりでいます。

 

短いお弁当記事は別として、1つの記事を作るのに時間がかかる亀更新なブログですが、時々遊びにきていただけると嬉しいです♪

そんなわけで今後とも、当ブログをどうぞよろしくお願いいたします(^^)

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!